日馬富士、貴ノ岩に暴行疑惑「事実なら引退」「逮捕もの」「協会の隠蔽体質も問題」「刑事事件だ」と批判の声が殺到

公開日: 

まーた起きた大問題・・・・・・しかも3週間近く明るみに出ず・・・・・・


横綱・日馬富士公平(33歳。本名:ダワーニャミーン・ビャンバドルジ)が、東前頭8枚目の貴ノ岩(27歳。本名:アディヤギーン・バーサンドルジ)をビール瓶で殴り、全治2週間の怪我を負わせたとされる疑惑。

スポニチがこの疑惑を報道するとすぐに、ネット上には日馬富士への批判の声が続出。「事実なら引退すべき」「立派な刑事事件」「逮捕もの」などという声があがる事態となっています。


また、この報道があるまで疑惑が明るみに出なかったことについても、日本相撲協会に対して「また協会の隠蔽体質」「隠蔽工作してたの?」などと批判の声があがっています。


日馬富士
harumafuji_14

貴ノ岩
harumafuji_15

スポニチの報道によれば

貴ノ岩は福岡市内の病院に入院。九州場所を初日から休場しこの日、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書を提出

日本相撲協会に診断書を提出した師匠の貴乃花親方(元横綱)は「診断書に書いてある通り。本人の体調が悪いということ」と説明するにとどめ、暴行疑惑については「ノーコメント」

(日馬富士は)貴ノ岩のケガについて聞かれると無言で苦笑い。引きつったような表情で迎えの車に乗り込んだ

とのこと。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/11/14/kiji/20171114s00005000046000c.html

事実ならとんでもないことだが・・・・・
続きを読む

続きを読むにはコチラをクリック!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
×
PAGE TOP ↑